古都京都 世界文化遺産 西本願寺 親鸞聖人

京都は1000年以上に渡り朝廷が置かれた場所であり歴史遺産が多く残っています。

そのひとつに西本願寺があります。
古都京都の文化財であり、その文化財が1994年に世界文化遺産登録されました。

nisihonganji

浄土真宗本願寺は浄土真宗の本山で親鸞聖人によって開かれました。
親鸞は全国各地を行脚し布教に努め多くの庶民に受け入れられました。

南無阿弥陀仏と唱えると浄土に行けるという、庶民に分かりやすい仏法を説いたと言われています。


本願寺のページに詳しく載っています。

こちらに→案内地図が載っています

北能舞台、飛雲閣、黒書院などの建造物を見るだけでも勉強になります。

仏教は日本人の精神的、文化的生活に大きな影響を与えてきました。
仏教が根付いている証拠に彼岸参りや盆行事などがあり今でも生活の一部として
取り入れられています。

外国からの観光客も多い。

本願寺境内では玉砂利を踏む音が静かに響きます。

京都駅から近く徒歩でも行けます。

世界文化遺産 富士山 人々の生活に溶け込んできた信仰の山

日本の最高峰 富士山が世界文化遺産に登録されました。

fujisan-jaran

ゴミの山で汚れた富士山をボランティアの人たちが何年もかけて

綺麗にしてきたことを忘れてはならないですね。

登録を取り消されないように大切に守りたいものです。

頂上には鳥居があり、そこで日の出を拝む人も多い。
雄大な富士の姿は日本人の心の拠り所でもあります。

また無人化された富士山測候所を借り受けてNPO団体が大気の状況、
高所での医学研究、天文学など実験や研究を行っています。

この測候所は1964年の東京オリンピックの年に建設されたものだと
いうことです。
東京オリンピックと富士山の繋がりこんな所にもあったのです。
そして今年は富士山文化遺産登録、2020年東京オリンピック決定の年。

さて、富士山の所有者は?という疑問にあたります。

富士山 なぜ、日本人は魅せられるのか?

富士山 なぜ、日本人は魅せられるのか?
価格:800円(税込、送料別)

富士山本宮浅間大社

8合目から頂上は神社の持ち物です。浅間神社は大昔からこの地にあり

人々が富士山を信仰ししてきました。

「木花咲耶姫命(このはなさくやひめ)」が祀られている神社です。
美しい姫の伝説が残っているように安産、子安、農業などの守護神として
祀られています。

自然の美しさに加え精神的な美しさも得られそうな富士山なのです。