古都京都 世界文化遺産 西本願寺 親鸞聖人

広告

ga('create', 'UA-45496792-1', 'travelworldheritage.net');
ga('send', 'pageview');
// ]]>

京都は1000年以上に渡り朝廷が置かれた場所であり歴史遺産が多く残っています。

そのひとつに西本願寺があります。
古都京都の文化財であり、その文化財が1994年に世界文化遺産登録されました。

nisihonganji

浄土真宗本願寺は浄土真宗の本山で親鸞聖人によって開かれました。
親鸞は全国各地を行脚し布教に努め多くの庶民に受け入れられました。

南無阿弥陀仏と唱えると浄土に行けるという、庶民に分かりやすい仏法を説いたと言われています。


本願寺のページに詳しく載っています。

こちらに→案内地図が載っています

北能舞台、飛雲閣、黒書院などの建造物を見るだけでも勉強になります。

仏教は日本人の精神的、文化的生活に大きな影響を与えてきました。
仏教が根付いている証拠に彼岸参りや盆行事などがあり今でも生活の一部として
取り入れられています。

外国からの観光客も多い。

本願寺境内では玉砂利を踏む音が静かに響きます。

京都駅から近く徒歩でも行けます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください