5月16日は松尾芭蕉「奥の細道」旅の日 金色堂

新暦の今日5月16日(陰暦元禄2年3月27日1689年)に松尾芭蕉が「奥の細道」に
旅だった日だそうです。(日本旅のペンクラブより引用)

広告

光輝く「金色堂」を目にして詠んだ句が

「五月雨の 降残してや 光堂」

荘厳な金色堂は今も昔も人の心を打つ堂です。

芭蕉46歳。

当時(陰暦3月)出立の時季は江戸では桜が咲いていたころです。

富士山がかすかに見える場所を後にして旅立つ気分は、不安もあったことでしょう。

芭蕉の気分になって平泉を訪れてみるのもいいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください