奈良の鹿にさそわれて1300年の歴史ある春日大社を参拝

東海道新幹線京都駅からJR奈良線へのアクセス

1、東海道新幹線8号車12号車辺りから階段で降りる。
2、JR奈良線への乗り換え口が近くにあり乗り換え口を出る。
  (JR線奈良行の切符を持っていること)
3、乗り換え口から出てすぐエレベーター(しかない)で下りる。
3、JR奈良行 8番ホームに直結。
4、みやこ路快速を待つ(ボタン式ドアになっている)
この間、数分です。
新幹線到着後20分ほどの余裕がありましたが数分で奈良行きホームに到着。

広告

古都、京都奈良を結ぶみやこ路(Miyakoji Rapid)快速

令和になってあらためて注目された古都奈良、その旅です。
文字通りの都路を結ぶ快速電車、みやこ路快速は約50分で両市を結んでいます。
この線は京都の市街地を眼下に走っています。
お茶で有名な宇治辺りで車窓から「福寿園」の建物が見えてきました。
アジア系に加えヨーロッパからの海外観光客も多い。
奈良へ向かう様子の海外からの観光客、車内で「Nara,Nara」と話しているのが聞こえます。

奈良駅から春日大社へはバス

奈良駅から「春日大社本殿」行きと「東大寺大仏殿、春日大社前」行き バスが あります。
「春日大社本殿」行き は本殿近くまで行きますが「 東大寺大仏殿、春日大社前 」でも行けます。後者のバスで行くと歩く距離が少し長くなります。
 
私は「東大寺大仏殿、春日大社前 行き」 バスに乗って行きましたが、このバスで降りた人ほとんどが東大寺方面に歩いていきました。
バスの運転手さんが「春日大社へ行く人はバスを降りて前方へ、東大寺へ行く人は後方へ歩いてください」と親切にマイクで知らせてくれるので道に迷うことはありません。
春日大社前で降りて長い参道をゆっくり歩きます。

鹿にさそわれて春日大社へ

「牛にひかれて善光寺参り」という言葉がありますが、ここ奈良では鹿にさそわれて春日大社参りとなりました。
参道から本殿へは10分ほど歩くと言われていましたが、鹿と戯れながら、そして写真を撮りながら歩いていたら随分時間を取りました。

春日大社を訪れて驚いたのは外国人観光客が多いこと!
鹿をおもちゃにしないことを注意しなければなりません。

鹿は自分の立ち位置を知っているようです。
鹿せんべいを持っていない人には、それほど愛想はよくありません。
鹿とは付かず離れずの距離感がいいです。
「鹿のお辞儀」を目当てにする人に鹿は「おせんべいを早くよこせ!」という意味でお辞儀をするそうですよ。
神のつかいの鹿をおもちゃ代わりにしないほうがいいと感じました。

四柱の偉大な神様が祭られています。

春日大社 本殿(国宝)

樹齢1000年の大杉と林檎の庭

Cedar Tree(about 1000 years old)
It is believed that deities reside in a tree,so the tree remains uncut,and is growing through a roof.
Ringo-no-niwa Garden
The name is after an apple tree planted by the emperor in the 12th century.This garden is a
sacred place for dedicating Shinto ritual dance and music.
(quoted from Kasugataisha)

春日大社の由来

今から千三百年前程前、平城京鎮護のため、国譲りを達成された最強の武神である武甕槌命様(たけみかづちのみこと)(鹿島)を神山三蓋山に奉遷したのが始まりです。
The Origin of Kasugataisha
Kasugataisya’s origin dates back more than 1,300 years,when Takemikazuchi-no-mikoto,powerful deity,was invited to the sacred Mt.Mikasa behind Kasugataisha after the establishment of nation’s first capital in Nara.

春日大社案内より抜粋

1000年の大樹に神が宿る

八百万(やおよろず)の神々が宿るとされる日本、自然崇拝は神代の昔からのことです。

万葉植物園が春日大社神苑にあります

表参道を引き返してくると途中に万葉植物園があります。
この時期9月はシーズオフのため花を見ることは出来ませんでしたが、万葉集に出てくる300種類の草、木、花の説明や歌碑が見られます。

500円の入場券が要ります。
老巨木、臥竜のイチイガシが歴史を物語っています。
風害で倒れかかった樹が龍のように臥すようにして伸びている様のイチイガシ。