世界遺産の京都御所一般公開日に蹴鞠まで見ることができました

そうだ京都へ行こう、ということで京都見物です。4月10日は今上陛下の
ご成婚記念日というおめでたい日。

春の一般公開最終日で蹴鞠の披露もあるということで大勢の人が
訪れています。蹴鞠まで見られるなんて幸運なこと。

御苑の中を散歩しながら御所入り口へ向かう。
静かで広くて気持ちが良く、玉砂利の音だけが響く。

御所と城との違いはお堀がないこと。文字通りの平安な時代だった
都の暮らしが想像できます。

2016/ 4/10 9:09

春の御所一般公開最終日に見学することができ、雅な平安時代に
想いを馳せる。

2016/ 4/10 9:23

写真は宜秋門(ぎしゅうもん)。

2016/ 4/10 9:33

2016/ 4/10 9:33

屏風の絵がすばらしい。つる、虎、かもなどの屏風絵が描かれた部屋が
並んでいる。
さて、そこから玉砂利を踏みながら紫宸殿のほうへ歩く。

2016/ 4/10 9:42

紫宸殿へ行く途中の広場で蹴鞠(けまり)を見ることが出来、幸運が
重なる。この蹴鞠には作法があり、一定のルールで蹴り上げる和式
サッカーです。

2016/ 4/10 10:12

2016/ 4/10 10:12

紫宸殿に向かう。重要な儀式が行われた場所で大正天皇、昭和天皇の
即位式もここで行われたということ。

2016/ 4/10 10:21

2016/ 4/10 10:21

その紫宸殿の前には左近の桜が植えられている。

2016/ 4/10 10:17

右近の橘が青々としています。

2016/ 4/10 10:22

2016/ 4/10 10:22

回遊式庭園も落ち着いていて御所内の自然、建物全てが一体となっている。

2016/ 4/10 10:36

2016/ 4/10 10:36

白い桜でしょうか、ちょっとめずらしい。

2016/ 4/10 11:00

2016/ 4/10 11:00

見学終了です。近くにある休みどころでお茶とお菓子で一服。

2016/ 4/10 11:23

2016/ 4/10 11:23

山吹が出口付近で満開。山吹に関する物語があるようです。

2016/ 4/10 11:30

2016/ 4/10 11:30

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

カテゴリー

アーカイブ

このページの先頭へ